インフォメーション

社会連携推進機構
【募集】西予開成塾(西予市委託事業)を開講します
西予市からの委託を受けて、令和元年度に引き続き「西予開成塾」を開講いたします。 詳細については別添をご参照ください。 ●開講期間 令和3年8月~令和4年3月 ●場所 愛媛大学地域協働センター南予及び末光家住宅 ●受講料:無料 ★第6期西予開成塾(こども編) ★第6期西予開成塾(中・高生編)
社会連携推進機構
令和3年度「地域創生イノベーター育成プログラム(東予)(南予)【履修証明プログラム】」 を開講します
社会連携推進機構地域協働センター西条及び南予では、履修証明プログラム「愛媛大学地域創生イノベーター 育成プログラム(東予)、(南予)」をオンライン主体でそれぞれ開講いたします。 本プログラムは、①愛媛県及び東予地域または南予地域を例としてわが国の「地方、地域」の現状や課題に対 する深い理解、②課題解決のためのさまざまな分野からのアプローチ方法の知識理解と技術修得、③具体的な 課題の解決方法を提案するまでのプロセスの経験を通して、わが国の国策として強く謳われている「地方創生」 に貢献できる人材に必要な知識・素養や技術を修得することを目的とします。 プログラムは、ステージⅠ、ステージⅡ、ステージⅢから構成されます。ステージⅠでは現状と課題を知り、ス テージⅡでは課題を解決するためのさまざまな方法と取組例、解決例を学びます。 ステージⅢでは、身近な課題を解決するプロジェクト研究に取り組みます。これらによって、地域に関する新た な課題に直面したときも、身に付けた課題解決方法と課題解決体験によって、その課題を解決に導くことができ、 「地域創生イノベーター」として地域活性化に貢献できる人材をめざします。 なお、本プログラムは、「輝く個性で地域を動かし世界とつながる大学」を目指すことをビジョンとしている愛 媛大学の3つの戦略の1つである「地域産業イノベーションを創出する機能の強化」を担当する社会連携推進機 構が、「ひと・まち・しごと創生」に貢献できる人材を育成するために、開講するものです。 修了要件を満たすと、学長名の「履修証明書」を発行し、「愛媛大学地域創生イノベーター(東予)」または 「愛媛大学地域創生イノベーター(南予)」の名称を付与します。 ※各ステージの実施予定表につきましては、決定次第、随時掲載する予定です。 ◆令和3年度愛媛大学地域創生イノベーター育成プログラム(東予)募集要項および受講申請書 ◆令和3年度愛媛大学地域創生イノベーター育成プログラム(南予)募集要項および受講申請書
植物工場研究センター
≪オンライン開催≫ 植物工場人材育成プログラム Bコース実習
植物工場研究センター
≪オンライン開催≫ 植物工場人材育成プログラム Aコース[発展編]
植物工場研究センター
植物工場人材育成プログラム Aコース[基礎編]を開催いたします
社会連携推進機構
愛媛大学社会連携推進機構における教職員の在宅勤務導入について
愛媛大学社会連携推進機構では、政府の緊急事態宣言を受け、特措法に基づ く愛媛県知事による外出自粛要請が発出され、愛媛大学BCPのステージが 最も厳しいレッドステージになったことに伴い、新型コロナウイルス感染症 の感染拡大防止の観点から、4月21日(火)から当面の間、全ての教職員は 原則在宅勤務とさせていただきます。 ご不便をおかけいたしますが、この間のお問い合わせ等につきましては、 各担当部署のメールアドレス、あるいは 下記へお送りくださいますようお願い申し上げます。 社会連携支援部 社会連携課 総務・企画チーム E-mail: renkei@stu.ehime-u.ac.jp
error
社会連携推進機構
四国遍路・世界の巡礼研究センターの最新研究が、ちくま新書『四国遍路の世界』として刊行されました【4月10日】
センターに集う学内外の多彩な分野の研究者による最新研究成果をまとめた入門書が誕生しました。 近年、世界遺産化運動をはじめ注目を集めている「四国遍路」について、八十八ヶ所の成立、発展と挫折 の歴史、遍路の実態、文学作品に登場する遍路、世界の巡礼との比較など様々な視点で、時を超えたその 魅力に迫ります。 「聖なる島の巡礼史」をご堪能ください。 『四国遍路の世界』チラシPDF
メールマガジン
メールマガジンvol.93をアップしました
メールマガジン
メールマガジン番外編をアップしました
植物工場研究センター
植物工場人材育成プログラム Cコース[実習] を開催します
ページトトップへ