生命科学研究部門

水産養殖は、海洋に生息する生物資源を人間の手で、制御し、増やし利用する産業です。水産養殖の生産性を向上させるには、対象生物の生理学生態学的特性をよく理解し、効率良く利用する技術開発が欠かせません。当部門では、水産養殖生物を生命科学の視点から解析し、生命科学の技術を駆使して、水産養殖の生産性が飛躍的に向上する革新的な技術を開発することを目指しています。当部門で特に積極的に行っているのが、下に示す「魚類養殖に関する研究」です。

魚類養殖に関する研究

スマ・マグロ類、イワシ類の養殖に関する研究
  • カツオ一本釣りの餌としてのカタクチイワシの安定供給法の開発と養殖技術の確立

  • スマの早期種苗生産および養殖システムに関する研究

  • クロマグロの人工授精および早期性判別に関する研究

  • 性決定、生殖腺の性分化、および性的可塑性の分子機構の解析

  • 受精および発生の分子メカニズムに関する研究

  • 卵構成成分の蓄積機構に関する研究

  • 地域性に対応した養殖種および養殖システムの開発

その他
  • 地域資源アマゴを活用した新たな地域ブランド「愛南サーモン」の創出(愛南町、愛南漁協等と連携)

地域生物環境に関する研究と地域教育活動

地域教育活動
  • 愛南町養殖海域の生物・科学的調査

  • “うみらいく愛南”周辺の沿岸生態と環境に関する研究

  • 底生生物解析とそれを用いた漁場環境改善技術の開発

地域生物環境に関する研究
  • “えひめ愛南お魚図鑑”の活用(魚類調査・ぎょしょく教育)

  • チリメンモンスター出前授業、藻塩出前授業

  • 「うみらいく愛南」見学授業

  • アオリイカの基礎生態および資源保護に関する研究

環境科学研究部門

愛媛県南予地域に接する宇和海は、リアス式海岸を有する複雑な地形を持ち、水深が深く黒潮からの潮の流入が起こる、魚介類の養殖に最適な環境です。さらに、サンゴを育む清浄な海は風光明媚で、足摺宇和海国立公園の海中公園にも指定されています。環境科学研究部門では、このすばらしい環境を守りながら持続的に水産業に利用していくための研究を進めています。現在、赤潮や魚病による被害を抑え、養殖産業へ貢献する「赤潮・魚病対策に関する研究」、地域の環境を活かした「資源・環境の保全と産業創出」に関する研究開発や教育に関する取り組みを進めています。

環境に配慮した新養殖種および養殖システムに関する研究

水域情報システムの高度化と赤潮・魚病対策に関する研究

  • 赤潮・貝毒プランクトンの高感度モニタリングと発生機構の解析

  • 魚病病原体の高感度モニタリング方法の確立と“魚病注意報・警報”システムの構築(愛媛県、愛南町、愛南漁協、水研センター、愛媛大CMES等)

  • ICT等の情報通信システムの高度化に関する研究(愛媛大工学部等)

  • 魚類の餌止めに伴う生理変化と赤潮・魚病への効果に関する研究

社会科学研究部門

社会科学研究部門は、地域水産業・漁村地域で生起する諸課題の解決に向けて、社会学や文化人類学、経済学、経営学などの社会科学的なアプローチから研究する部門であり、水産社会・文化研究分野と水産経済・経営研究分野で構成される。特に、魚介類(漁獲物・水産食品)に関わる生産~加工~流通~販売~消費・文化までのプロセスをトータルに把握するフードシステムの観点から研究を推進する。そして、地域のステークホルダー(地方自治体などの行政、漁協や加工組合などの業界のほか、地域の住民や諸団体)と、生命科学研究部門や環境科学研究部門での研究成果の「橋渡し役」も担い、地域水産業や漁村地域に貢献する。

水産社会・文化に関する研究

「ぎょしょく教育」の内容・方法・展開に関する研究
  • 「ぎょしょく」のコンテンツに関する検討

  • 「ぎょしょく」授業の効果測定・評価調査

  • 「愛南町ぎょしょく教育プラン」を基盤にした地域活性化策の検討

「ぎょしょく」をベースにした魚食普及と六次産業化に関する研究
  • 地域資源と地域協働をもとにした六次産業化の検討

  • 「ぎょしょく」と多面的機能による六次産業化の検討

  • 地域資源と地域協働をもとにした六次産業化の検討

食育の推進に関する研究
  • 食育に関する地域協働化の検討

  • 食育推進に向けたイベント等の検討

  • 学校教育現場における食育推進の検討(愛南町教育委員会)

カツオ産業文化に関する研究
  • 地域漁業モノグラフ(水産社会生活誌=>『町史』編さん事業)の検討 (愛南町教育委員会)

  • 社会・文化的ファクターをもとにした地域ブランド化の検討

水産経済・経営に関する研究

水産物流通・販売促進に関する研究
  • 産地サイドにおける諸問題に関する検討 -生産管理、生産コスト、グループ化、起業化、商品政策、産地加工、流通政策などに関する検討

  • 産地(生産者、起業グループなど)の6次産業化への取り組みに関する検討 (県事業ならびに地域イノベと連動)

  • 水産物の流通チャネル戦略の検討 -大消費地圏の大手仲卸業者との連携に関する流通・販売戦略の検討 -輸出政策として海外(欧米・東南アジアなど)での販路開拓に関する検討

  • 消費サイドにおける魚介類販売促進に関連する戦略等の検討 -愛媛県産養殖魚の「愛育フィッシュ」プロモーション戦略に関する検討 -量販店・業務筋関係への流通・販売戦略に関する検討(特に愛育フィッシュに関連したバイヤー等の意向調査など) -ぎょしょく教育を食・食育ビジネスに仕立てていくために大消費地圏でのPR戦略ならびに販促ツール化の検討

養殖産地における競争優位創出に向けた研究
  • 生産者、流通業者、加工業者等の定点観測の実施

  • 産学官連携・産地連携を核にした水産業クラスターの構築 -6次産業化をベースにした産学官連携のあり方を検討 -産地発のビジネスモデルの検討(活魚、鮮魚、冷凍、加工など産地特性を活かした多様な商品・流通戦略の検討)

  • 消費サイドとの提携による産地競争優位の創出

生産流通情報管理システムに関する研究
  • 産地と消費地をつなぐコミュニケーションツールの開発と産地ブランド化戦略の検討