准教授

    南予水産研究センター 西浦ステーション
    後藤 理恵准教授Rie Goto
    生命科学研究部門 魚類繁殖生理学、魚類発生工学

    レジデント型研究施設である南水研の強みを活かし、地域のニーズを研究のシーズとし、地域と共に解決策を見出し、研究成果を現場に還元していくことを目指しています。現在は、南予地域に適したよりよい養殖魚をつくっていくための新しい養殖システム”次世代育種システムの構築”をスマ、マダイ、ブリを対象に研究しています。

    南予水産研究センター 松山ステーション
    竹ノ内 徳人准教授Naruhito Takenouchi
    社会科学研究部門 水産経営・経済学

    世界の水産業は右肩上がりの発展を遂げていますが、わが国の水産業は後継者不足・高齢化、漁場環境・資源の悪化、水産物消費の低迷など厳しい状況です。一方で日本各地の水産の現場では、生き残りをかけたさまざまな取組みが見られるようになってきました。生産現場は商品価値を上げるための品質管理などの努力に努め、流通側はニーズを拾い上げ産地と一緒に売れる商品作りに取り組んでいます。 私たちの研究室では、国内外の生産から消費までの現状を調査分析し、流通・販売促進などの効果をマーケティング論やブランド論の側面から評価することで漁村地域や水産業の活性化に貢献していきたいと考えています。

    南予水産研究センター 船越ステーション
    清水 園子准教授Sonoko Shimizu
    環境科学研究部門 養殖環境学、魚類生理学

    養殖漁業において、突発的な赤潮や慢性的な魚介類の病気(魚病)の発生は、養殖魚の大量斃死や品質劣化をもたらし、安定的な生産を妨げる最も大きな要因となっています。また、赤潮や魚病の早期発見および早期対策を目指して、環境ゲノムを用いた海水中の赤潮プランクトンや病原体の挙動に関する研究や、養殖魚の病気に関する生理学的および分子生物学的マーカーの探索、実際の現場におけるリアルタイムでの養殖魚の情報取得技術の開発、などの研究を行っています。

    南予水産研究センター 西浦ステーション
    斎藤 大樹准教授Taiju Saito
    生命科学研究部門

    斎藤 大樹特定教員