受験生の方へ

南予水産研究センターで学ぶには

今年度の3回生です。愛南町でそれぞれの研究をしています!

今後ますます需要が高まると期待されている水産業振興に関する研究開発・人材育成を行い、また生産技術・海洋環境・流通システムの開発などを研究しています。
以下に各コースの選択チャートや、産業イノベーション学科の各種情報を掲載いたしますので、ぜひご活用ください。

学部生

 ●社会共創学部 産業イノベーション学科 海洋生産科学コース

  ┗3年次より松山キャンパスから愛南町に移行して南予水産研究センターで学びます。

 ●農学部 生物環境学科 環境保全学コースの高木研究室

  ┗3年次後期より南水研に移ります。

修士または博士課程

 ●大学院 連合農学研究科 食糧生産学専攻 水圏生産学コース

●社会共創学部(学部生)

3年生~愛南町で研究

生命科学研究部門(西浦ステーション)

  • 松原孝博 教授
    後藤理恵 准教授

 スマ、アオリイカ、サツキマス等を研究

環境科学研究部門(船越ステーション)

清水園子 准教授

 魚病、赤潮等を研究

社会科学研究部門(松山ステーション)

若林良和 教授

 水産社会・文化研究

●農学部(修士または博士課程)

3年生後期~愛南町で研究

環境科学研究部門(船越ステーション)

高木基裕 教授

 遺伝学的手法を用いた水族保全学

社会科学研究部門(松山ステーション)

竹ノ内徳人 准教授

 水産経営・経済学

各コースの研究テーマ

海洋生産特別コース

平成30年度

  サツキマス種苗の効率的な生産と優良個体の選抜
  愛南町御荘湾における有害赤潮プランクトン Cochlodinium polykrikoides の挙動解析
  養殖現場におけるマダイ感染性疾病の早期検出法
  スマの生殖腺保存プロトコルの確立に向けて


平成29年度

  陸上水槽におけるカワハギ親魚の成長特性の解析と人工授精技術開発の試み
  小型マグロ類スマの体温に関する研究
  サンゴ食巻貝ヒメシロイシガレイダマシの繁殖期の特定 ~サンゴの保全に向けて~
  昆虫由来機能性多糖”シルクロース®”の魚類養殖での利用に関する実証研究:寄生虫病および肉質改善への有効性
  魚類養殖海域における魚病病原体遺伝子の挙動解析


平成28年度

  カワハギ Stephanolepis cirrhifer の人工授精技術確立に向けた人工精漿の開発
  アオリイカの成長および成熟に対する適水温の探索
  有害赤潮の新たな防除技術の開発
  愛南町でのサツキマス(Oncorhynchus masou ishikawae)一貫生産の試み
  カタクチイワシの栄養状態に伴う生理学的変化の観察

生物環境保全学コース

平成29年度

  養殖海域における有害赤潮プランクトン遺伝子の挙動解析 ~赤潮発生予測を目指して~
  魚類養殖海域における魚病病原体遺伝子の挙動解析


平成28年度

  昆虫由来新規多糖:Silkrose の魚類養殖への利用に関する研究
  アコヤガイの貝殻と生産される真珠の相関に関する研究 ~貝殻から真珠の大きさは予想できるのか?~
  スマの育種を目指したゲノム編集によるチロシナーゼ遺伝子の改変
  魚病感染の早期検出法の開発 ~マダイのエドワジエラ症を対象として~

大学院 連合農学研究科

平成30年度

(食料生産経営学コース)
  産官学連携による新規養殖魚種サツキマス創出と今後の展望 ~町内一貫生産による地域包括的取り組みを事例として~


平成29年度

(水圏生産学コース)
  スマ生殖腺の発達過程及び不妊化誘導技術に関する研究


平成28年度

(海洋生産科学コース)
  昆虫由来新規多糖:Silkrose の魚類免疫系への作用メカニズムの解析
  魚類の成長と成熟に及ぼす水流の影響

産業イノベーション学科 各種情報リンク

学科・コース紹介
研究活動