社会科学研究部門

社会科学研究部門は、地域水産業・漁村地域で生起する諸課題の解決に向けて、社会学や文化人類学、経済学、経営学などの社会科学的なアプローチから研究する部門であり、水産社会・文化研究分野と水産経済・経営研究分野で構成される。特に、魚介類(漁獲物・水産食品)に関わる生産~加工~流通~販売~消費・文化までのプロセスをトータルに把握するフードシステムの観点から研究を推進する。そして、地域のステークホルダー(地方自治体などの行政、漁協や加工組合などの業界のほか、地域の住民や諸団体)と、生命科学研究部門や環境科学研究部門での研究成果の「橋渡し役」も担い、地域水産業や漁村地域に貢献する。

水産社会・文化に関する研究

「ぎょしょく教育」の内容・方法・展開に関する研究
  • 「ぎょしょく」のコンテンツに関する検討

  • 「ぎょしょく」授業の効果測定・評価調査

  • 「愛南町ぎょしょく教育プラン」を基盤にした地域活性化策の検討

「ぎょしょく」をベースにした魚食普及と六次産業化に関する研究
  • 地域資源と地域協働をもとにした六次産業化の検討

  • 「ぎょしょく」と多面的機能による六次産業化の検討

  • 地域資源と地域協働をもとにした六次産業化の検討

食育の推進に関する研究
  • 食育に関する地域協働化の検討

  • 食育推進に向けたイベント等の検討

  • 学校教育現場における食育推進の検討(愛南町教育委員会)

カツオ産業文化に関する研究
  • 地域漁業モノグラフ(水産社会生活誌=>『町史』編さん事業)の検討 (愛南町教育委員会)

  • 社会・文化的ファクターをもとにした地域ブランド化の検討

水産経済・経営に関する研究

水産物流通・販売促進に関する研究
  • 産地サイドにおける諸問題に関する検討 -生産管理、生産コスト、グループ化、起業化、商品政策、産地加工、流通政策などに関する検討

  • 産地(生産者、起業グループなど)の6次産業化への取り組みに関する検討 (県事業ならびに地域イノベと連動)

  • 水産物の流通チャネル戦略の検討 -大消費地圏の大手仲卸業者との連携に関する流通・販売戦略の検討 -輸出政策として海外(欧米・東南アジアなど)での販路開拓に関する検討

  • 消費サイドにおける魚介類販売促進に関連する戦略等の検討 -愛媛県産養殖魚の「愛育フィッシュ」プロモーション戦略に関する検討 -量販店・業務筋関係への流通・販売戦略に関する検討(特に愛育フィッシュに関連したバイヤー等の意向調査など) -ぎょしょく教育を食・食育ビジネスに仕立てていくために大消費地圏でのPR戦略ならびに販促ツール化の検討

養殖産地における競争優位創出に向けた研究
  • 生産者、流通業者、加工業者等の定点観測の実施

  • 産学官連携・産地連携を核にした水産業クラスターの構築 -6次産業化をベースにした産学官連携のあり方を検討 -産地発のビジネスモデルの検討(活魚、鮮魚、冷凍、加工など産地特性を活かした多様な商品・流通戦略の検討)

  • 消費サイドとの提携による産地競争優位の創出

生産流通情報管理システムに関する研究
  • 産地と消費地をつなぐコミュニケーションツールの開発と産地ブランド化戦略の検討