生命科学研究部門

水産養殖は、海洋に生息する生物資源を人間の手で、制御し、増やし利用する産業です。水産養殖の生産性を向上させるには、対象生物の生理学生態学的特性をよく理解し、効率良く利用する技術開発が欠かせません。当部門では、水産養殖生物を生命科学の視点から解析し、生命科学の技術を駆使して、水産養殖の生産性が飛躍的に向上する革新的な技術を開発することを目指しています。当部門で特に積極的に行っているのが、下に示す「魚類養殖に関する研究」です。

魚類養殖に関する研究

スマ・マグロ類、イワシ類の養殖に関する研究
  • カツオ一本釣りの餌としてのカタクチイワシの安定供給法の開発と養殖技術の確立

  • スマの早期種苗生産および養殖システムに関する研究

  • クロマグロの人工授精および早期性判別に関する研究

  • 性決定、生殖腺の性分化、および性的可塑性の分子機構の解析

  • 受精および発生の分子メカニズムに関する研究

  • 卵構成成分の蓄積機構に関する研究

  • 地域性に対応した養殖種および養殖システムの開発

その他
  • 地域資源アマゴを活用した新たな地域ブランド「愛南サーモン」の創出(愛南町、愛南漁協等と連携)

地域生物環境に関する研究と地域教育活動

地域教育活動
  • 愛南町養殖海域の生物・科学的調査

  • “うみらいく愛南”周辺の沿岸生態と環境に関する研究

  • 底生生物解析とそれを用いた漁場環境改善技術の開発

地域生物環境に関する研究
  • “えひめ愛南お魚図鑑”の活用(魚類調査・ぎょしょく教育)

  • チリメンモンスター出前授業、藻塩出前授業

  • 「うみらいく愛南」見学授業

  • アオリイカの基礎生態および資源保護に関する研究