環境科学研究部門

愛媛県南予地域に接する宇和海は、リアス式海岸を有する複雑な地形を持ち、水深が深く黒潮からの潮の流入が起こる、魚介類の養殖に最適な環境です。さらに、サンゴを育む清浄な海は風光明媚で、足摺宇和海国立公園の海中公園にも指定されています。環境科学研究部門では、このすばらしい環境を守りながら持続的に水産業に利用していくための研究を進めています。現在、赤潮や魚病による被害を抑え、養殖産業へ貢献する「赤潮・魚病対策に関する研究」、地域の環境を活かした「資源・環境の保全と産業創出」に関する研究開発や教育に関する取り組みを進めています。

環境に配慮した新養殖種および養殖システムに関する研究

水域情報システムの高度化と赤潮・魚病対策に関する研究

  • 赤潮・貝毒プランクトンの高感度モニタリングと発生機構の解析

  • 魚病病原体の高感度モニタリング方法の確立と“魚病注意報・警報”システムの構築(愛媛県、愛南町、愛南漁協、水研センター、愛媛大CMES等)

  • ICT等の情報通信システムの高度化に関する研究(愛媛大工学部等)

  • 魚類の餌止めに伴う生理変化と赤潮・魚病への効果に関する研究